[STW(エス・ティー・ワールド)]中国向け旅行代理店

[STW(エス・ティー・ワールド)]中国向け旅行代理店

[STW(エス・ティー・ワールド)]旅行代理店ってどうなの?_

1987年創業の中堅旅行会社。ダイビングなどのマリンリゾートツアーで成長してきましたが、近年では海外旅行にも力を入れています。価格はかなりお手頃と評判で海外旅行比較サイトの値段が安い順に検索すると上位に表示されるほどです。
海外旅行を専門に取り扱っており、国内旅行は取り扱っておりません。定番のパッケージツアーからオーダーメードツアーまで幅広く取り扱っております。またさまざまなテーマから旅行ツアーを探すことができ、種類も豊富なので自分の行きたいツアーを探しやすいと評判です。世界31カ国に支店がありサポート体制も万全です。
STWの安心のサポートとおすすめ旅行ツアーを紹介していきたいと思います。

STWを利用するすべての方を対象とした安心サポートサービスです。より良く快適に旅を楽しむためにSTWにしかないサービスで、旅行に関するさまざまな場面でカバーズが旅行者をカバーします。

The Cover’s 本当に困った時のすべてをカバー!

24時間電話サポート

旅行先での緊急時にも安心して日本語サポートを受けることができます。「パスポートを落としてしまった」「空港送迎スタッフが見つからない」「オプショナルツアーで現地スタッフとはぐれてしまった」などなど。そんな時でも24時間いつでも電話で相談することができます。

低料金でキャンセル料をカバー

1日たったの500円で旅行に関するトラブルを保障してくれるリーズナブルな保障プランです。
旅行前に病気になってしまったなどの出発前の予期せぬトラブル。だれもが不安に感じると思います。STWではそのような旅行前のトラブルにもしっかり対応してくれます。

キャンセル例

いずれの場合も最大20万円が保障されます。

① 旅行者の妊娠によるキャンセル
② 旅行者または親族の入院によるキャンセル
③ 出発当日の国内交通機関の遅延・運休によるキャンセル

出発直前に飛行機がフライトキャンセルとなり翌々出発と変更となり、予定の旅程が短くなってしまった。そのような場合でも上限10万円もしくはツアー代金の10%いずれか低い方が保障されます。

その他の補償

自身が病気になったりケガをしてしまった。他者にケガを負わせてしまった。携行品が盗難に遭ってしまった。そのような場合も保障の範囲内です。
また、旅行時に航空会社の都合で別のフライトとホテル代を用意しなくてはいけなくなった場合もしっかりカバーされます。

コロナウイルスガード(オプション)

1日1500円の掛け金でコロナによるトラブルやキャンセルを上限なく全額保障します。以下に、トラブル・キャンセルの例をご紹介します。

① 旅行前のPCR検査陽性によるキャンセル
② 当日、空港で熱があり搭乗拒否によるキャンセル
③ 家族同行者のコロナ感染症によるキャンセル
④ 旅行中のコロナ感染にともなう発熱によるキャンセル
⑤ 帰国時のPCR検査陽性による隔離、フライト変更

かさばるスーツケースを無料レンタル

部屋にスーツケースを保管する際、かなりスペースを取ってしまい悩んだことはないでしょうか?
STWならフルサイズのスーツケースを無料でレンタルできます。旅行に行く際の出費をレンタルで抑えましょう。

STWのおすすめ中国ツアー

多彩なサポートが用意されており安心した海外旅行を

STWを利用するすべての方を対象とした安心サポートサービスです。より良く快適に旅を楽しむためにSTWにしかないサービスで、旅行に関するさまざまな場面でカバーズが旅行者をカバーします。

STWのおすすめ中国ツアー

成都周遊ツアー3泊4日

成都は四川省中部に位置し四川省の政治、文化、経済の中心として機能しています。かつては三国志の蜀の都で肥沃な大地を有し
古くから「天府の国」と呼ばれてきました。また、成都と言えば日本でもお馴染みのジャイアントパンダの生息地です。中国4大料理のひとつである四川料理を楽しむことができるので老若男女問わず人気の観光スポットとなっています。

成都周遊ツアー3泊4日

1日目 現地到着

成都到着〜現地係員がホテルへ送迎

2日目 ホテル出発 日本語係員と専用車で楽山大仏へ

楽山は四川省西に位置し、楽山大仏はユネスコ世界文化遺産にも指定された中国最大の石刻座佛です。
高さ71m、頭の高さ15m、頭だけでも奈良の大仏と同じくらいの大きさで完成までに90年かかったと言われています。
夜にはなんとライトアップされるそうです。すこし時間に余裕があるときは小舟で遊覧し大仏の全身を写真に収めることのできる場所で停泊します。観光終了後は成都へ戻り、夕食です。

3日目 パンダ繁殖センター 杜甫草堂 武候祠

〈パンダ繁殖センター〉
成都ジャイアントパンダ繁殖センターは成都市の北部郊外の斧頭山に位置しています。ここではパンダなど絶滅の危機に直面している動物を保護しています。年間を通してジャイアントパンダ、レッサーパンダ、鶴、コウノトリ、ガチョウ、オシドリ、クジャク、白鳥などの動物を飼育しています。パンダに関しては人工的に繁殖させ一定期間飼育した後、自然に復帰させることを目的としています。

〈杜甫草堂〉
杜甫草堂は唐代の詩人・杜甫が成都に住んでいた時の住居です。
建造物と共に楽しめるのが杜甫が愛した庭や植物です。
近隣には公園もあるので成都市民も訪れる「都会のオアシス」となっています。杜甫の全作品1400首のうち代表作を含む247首がここで生まれました。庭園の中に歴史を感じる回廊がありますので散策しながらタイムスリップをした感覚に陥るかもしれません。

〈武候祠〉
成都市内にある三国志時代の蜀漢の宰相・諸葛亮を祀った社です。三国志好きなら一度は訪ねてみたいスポットです。諸葛亮の祠は中国各地にあるそうですが、その中で最も格式の高い祠となります。武候祠は15万m2の面積を誇り、また「三国歴史遺跡エリア」「西区」「錦里民族エリア」の三つのエリアから成り「三国の聖地」と呼ばれています。

ランチと夕食はローカルのレストランで楽しみます。
夕食は中国4大料理の一つである四川料理の「松茸の鍋」を食します。本場の麻婆豆腐や回鍋肉、坦々麺を食べるのもおすすめです。

4日目 成都出発 日本到着

成都から日本に帰国を行います。

九寨溝・黄龍

多彩なサポートが用意されており安心した海外旅行を

STWを利用するすべての方を対象とした安心サポートサービスです。より良く快適に旅を楽しむためにSTWにしかないサービスで、旅行に関するさまざまな場面でカバーズが旅行者をカバーします。

九寨溝・黄龍

九寨溝

四川省チベット自治州岷山山脈にある九寨溝。どこまでもブルーに澄む美しい景色を写真でみたことのある人も多いのではないでしょうか?
1992年にユネスコ世界遺産に登録され、自然豊かなチベットでも静寂漂う特別な場所です。炭酸カルシウム湖の底に沈殿し独特の青色を誇る九寨溝ですが、滝や池など見どころはたくさんあります。

見どころ① 長海

九寨溝東側の谷の一番奥にある湖です。長海は九寨溝の中で一番標高が高く、面積が一番大きい湖です。湖畔にはヒマラヤスギが生い茂っています。どの季節にいっても違う表情を見せるので何度行っても飽きない場所です。

見どころ② 五彩池

九寨溝の中で一番美しいと言われる池です。
池の底の小石がはっきりと見えるほど青く透き通っています。
池のほとりまでは階段で降りられるそうです。

見どころ③ 珍珠灘瀑布

幅200m、落差40mの滝。九寨溝で一番綺麗な滝と言われています。幅が広く岩々を流れ落ちる水の姿は雄大です。
滝に沿って回れる遊歩道があり色々な角度から滝を眺めることができます。滝の音に耳を立て自然を感じるのもおすすめです。

見どころ④ 五花海

海底に沈むカルシウムと藻類の影響で多彩な色を放つ池です。
見る度に異なるその美しさから「九寨溝の魂」と言われているようです。

黄龍

九寨溝から富士山より高い3,700mの峠を越えて訪ねる黄龍は岷山山脈を登る黄色い龍、という意味で名付けられました。この場所は全長約4kmの石灰棚で出来た峡谷です。
自然に作られた石灰の“棚田”が光の加減である時は青く、ある時は金色に輝きます。
ロープウェイを降りた先の展望台からその“黄色い龍”を堪能することができます。

見どころ① 迎賓彩池

黄龍の入り口から一番近い場所にある池。サッカーグラウンドよりも少し大きな広さの石灰棚にブルーの水が溜まり、白い壁との色合いがとても印象的。エス・ティー・ワールドのツアーではロープウェイで一番上まで行き、降りてくるので、こちらの池をご覧いただくのは一番最後になります。

  • コメント: 0

関連記事

  1. [クラブツーリズム]中国向け旅行代理店

    [クラブツーリズム]中国向け旅行代理店

  2. [HIS]中国向け旅行代理店

    [HIS]中国向け旅行代理店

  3. [JTB]中国向け旅行代理店

    [JTB]中国向け旅行代理店

  4. [ANAトラベラーズ]中国向け旅行代理店

    [ANAトラベラーズ]中国向け旅行代理店

  5. [AraChina]中国向け旅行代理店

    [AraChina]中国向け旅行代理店

  6. [阪急交通社]中国向け旅行代理店

    [阪急交通社]中国向け旅行代理店

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。