[桂林 周辺のお勧めグルメ]中国旅行・広西省
桂林周辺にはとっても美味しいビーフン料理や鶏料理、川魚料理があります!

[桂林 周辺のお勧めグルメ]中国旅行・広西省

桂林ってどんな地元グルメがあるの?_

桂林は多くの水墨画の題材になるなど、世界に名だたる観光地です。桂林山水の素晴らしい景色に感動する観光客はものすごく多いですね。ここでは、そんな桂林の地元グルメってどんなのがあって、実際どうなの?ということをご紹介したいと思います。桂林と言えば「桂林米粉」をメインとして、その他広西料理があります。特に桂林米粉は美味しかったと絶賛する人が多いのが印象です。実際に私もいろんなトッピングを試しながらお代わりをしました。ただ、その他の料理については賛否両論が分かれるところ…桂林に旅行するなら、旅グルメは「桂林米粉」を主として、その他の料理は少なめに注文して気に入ったら追加するのがいいと感じています。レストラン自体はおしゃれで清潔なところが多い印象です。

桂林は川と山の観光地です。そのため、川魚や鶏肉などを中心に注文しましょう。そして絶対に外せないメニューが桂林米粉というビーフンを使ったメニュー!お店によっては自分でトッピングを選べるお店があったり、様々な味が楽しめます。海鮮を出しているお店もありますが、総じて具材などが小さくなってしまうので、海鮮メニューは外すのが無難かなと考えています。ただ、味は美味しいです。

桂林米粉

桂林で最も伝統的な料理は米粉を使った料理です。特に米粉を使った麺類が多く、特徴は白く柔らかいソフトな麺に、さわやかさや、米粉独特の香りがします。また、その他食材や調味料が豊富で、卤菜粉(煮込んだ肉をトッピングしたビーフンを使った料理)、湯菜粉(野菜をトッピングしたビーフンを使った料理)、酸辣粉、馬肉粉、炒米粉などがあります。料理名に「粉」が多用されていますが、「粉=ビーフン」として読むと分かりやすいです。これらの料理を提供しているレストランで最も有名なのが「老東江米粉」です。老東江米粉は桂林人が大好きなレストランの一つです。

1.桂林米粉

漓江桂魚の蒸し物

漓江は桂林の主要な川です。漓江は長年にわたり桂林人の生活を支えて来て、水が澄んでいるため底まで見えます。、また、漓江で採れた魚は、油が乗っており、柔らかくて、ふわふわした白身で有名です。そのため「漓江清水桂魚」と称されており、桂林人たちは蒸して食べることを好みます。

2.漓江桂魚の蒸し物

銀杏と鴨のスープ

桂林特産の銀杏とアヒルの切り身やお野菜などを煮込み鍋に入れて蒸した料理も有名です。アヒルの肉は蒸されているのでボロボロと崩れるぐらい柔らかく煮込まれており、銀杏の濃い味がスープにしみ込んでいます。

3.アヒルの白果煮込み

茘浦芋扣肉

桂林の宴会や慶事では必ずといって良いほど出される料理が茘浦芋扣肉です。桂林で取れた里芋と、皮付きバラ肉、桂林腐乳を主な材料とし、蒸してやらかなくなるまで火を通して食べます。味は、塩辛さと独特の甘さがマッチした何とも言い難い美味しい味に仕上がっています。

4.ライチのボタン肉

子豚の丸焼き

色が赤くなる独特なタレを塗りながら何時間もかけて炭火で焼き上げます。下の写真のように、形がそのまま残っているため、油っぽいんじゃない?と思われる方がいますが、全くそんなことはありません。皮はカリカリで肉が柔らかくて、炭火で何時間も焼くため余分な脂はすべて落ちています。また、口に入れた時に広がる芳醇な香りが癖になる味です。

5.子豚の丸焼き

油茶を飲む

桂北地区は川や湿原が多いため湿度が高く、標高も高いため生活環境が厳いです。特に昔の桂林人は簡単に栄養補給できるように「油茶」をよく飲みました。よく知られている「バター茶」も同じような理由ですね。そのため、油茶は地元の食習慣の一部になり、お客をもてなすときには必ずといって良いほどだされます。
来客はテーブルを囲んで座り、家の主人は小さなストーブを使って、来客の前で湯茶をつくって配っていくという風習がありました。様々な薬味や塩などが入っているため風味がある飲み物です。

6.油茶を飲む

桂林観光で絶対に食べに行きたいおススメレストラン

観光地らしいレストランより地元で人気のレストランを選びましょう

桂林には中国人のほか、日本の観光客はもちろん、欧米やその他アジアの地域から多くの観光客が来ます。そのため観光客向けのレストランがあるのですが、個人的にはあまりお勧めしません。観光客向けのレストランは、桂林でなくても食べれるようなメニューが多く出されていたりして、中国ならどこでも食べれるようなメニューがあります。また、欧米向けの洋食なんかもあります。ですが、地元客から愛されているお店は、本当に桂林に来ないと食べれないような味を提供してくれています。ここでは、そんな地元民から愛されている桂林のレストランをご紹介します。

小南国(文明店)

住所:桂林市象山区文明路3号
予算:70元くらい
おススメメニュー:石鍋黒豆腐、樽香ばしい鶏

小南国(文明店)

椿记烧鹅(叠彩店)

住所:广西壮族自治区桂林市叠彩区中山北路1号
予算:80元くらい
おススメメニュー:ガチョウの焼き物、カリカリの皮の鶏、椿记榴莲酥

椿記ガチョウ焼き(畳彩店)

同来米粉(通泉巷店)

住所:广西壮族自治区桂林市象山区通泉巷1号
一人当たり:13元
おススメメニュー:卤菜粉、定番桂林米粉

同館ビーフン

桂林へのアクセス_

桂林の場所_

広西省東北部


桂林へのアクセス / バス_

桂林市内には3つのバス停が設置されています:
桂林バスターミナル:バス2、3、5、10、22、33、99、100、観光1号線などの路線バスに乗ります。
桂林琴潭バス駅(城南バス駅):32、85、88、205番バスは着くことができて、琴潭駅で降ります。
桂林汽車総駅桂北分駅霊川興安発駅(北門バス駅):18番、大衆路下車、または1、18、32、99、100番に乗って大衆路口駅で降ります。


桂林へのアクセス / 両江国際空港から_

桂林両江国際空港は広西省で2番目に大きい国際空港です。国内の20余りの主要都市と航路があり、冬の航空券の価格は安いため、旅行に行くには良いタイミングです。
空港バス:料金30元、車で約40分、ターミナル民航ビル。
(30分おきに市街地から空港までバスが出ています。帰る際には2時間前に桂林から出発したら間に合います。)
・タクシー:空港からタクシーで桂林市中心地まで約80元。


桂林へのアクセス / 桂林南駅・桂林北駅から_

桂林には、「桂林北駅」と「桂林南駅」の2つの電車の駅があります。桂林南駅は現在、桂林の主要な旅客輸送駅で、全国各地から桂林に到着する列車は一般的に南駅に止まります。
桂林南駅—陽朔:直通バスがあり、陽朔まで1時間10分ぐらいしかかかりません。10分ごとに便があり、切符は15元です。
桂林南駅—桂林バスターミナル:2番、3番、観光1号線などのバスに乗ります。
桂林北駅—桂林南駅:1番のバスと56番のバスに乗り継ぐと駅間を移動できます。
桂林北駅—桂林市街地:1番バスで市街地まで行けます。
桂林南駅—琴潭バス停:88番バスに乗って、琴潭バスターミナルで降ります。

関連記事

  1. 洪崖洞の紹介

    [洪崖洞]中国旅行・重慶市

  2. [桂林]中国旅行・広西省

    [桂林]中国旅行・広西省

  3. [九寨溝周辺グルメ]中国旅行・四川省

    [九寨溝周辺グルメ]中国旅行・四川省

  4. [陽朔 旅行で食べたい地元グルメ]中国旅行・広西省

    [陽朔 旅行で食べたい地元グルメ]中国旅行・広西省

  5. [桂林 周辺のお勧めホテル]中国旅行・広西省

    [桂林 周辺のお勧めホテル]中国旅行・広西省

  6. [平潭島 近郊お勧めグルメ]中国旅行・福建省

    [平潭島 近郊お勧めグルメ]中国旅行・福建省

  7. [陽朔]中国旅行・広西省

    [陽朔の観光スポット]中国旅行・広西省

  8. [杭州]中国旅行・浙江省

    [杭州]中国旅行・浙江省

  9. [三亜]中国旅行・海南省

    [三亜]中国旅行・海南省